2011年05月19日

日曜日は。

土曜日、とても夕日が綺麗でしたので、日曜日は高千穂峽へ行くことになりました。

妻がいる手前、蜂場にダイレクトに行ってそのまま帰ってくる。なんて言ったら、あれですからね。
一応、たまには気を使ってみました。

一応目的地は高千穂峡ですが、山都町の鮎の瀬大橋を渡り、きれいな眺めを堪能しつつ、緑仙峡へと誘う作戦です。
完璧です。

鮎の瀬大橋からの眺めもすばらしい!
IMGP0068.JPG


鮎の瀬大橋のたもとにさりげなく1つ、箱をおいてきました。

そのまままっすぐ抜けると緑仙峡へと行くことができます。
緑仙峡は昨年オフ会を開催した場所です。

水がとてもきれいで、これからの季節、多くの方が訪れるでしょう。
IMGP0067.JPG



しかし!!


IMGP9898.JPG


なんと橋の架け替え工事で通行止め。
これでは緑仙峡キャンプ場へ行くことができません。。
なんということでしょう。
行政は何を考えているのでしょう。
冬の間に工事すればよかったのに。
7月まで通れないとなると、キャンプ場の経営が大丈夫なのか、、逆に心配になります。

IMGP9899.JPG



仕方が無いので、旧小学校下の川沿いを歩きます。
水は澄んでいましたが、心はどんより。
IMGP9904.JPG


程よい岩場を見つけたのでとりあえずそこに箱を置いてみました。
入ればいいですが、ちょっと初動が遅かったですね。
来年かもしれません。

IMGP9900.JPG




帰りがけにBUNBUNさんのお宅によって帰りました。
なんと、かなり遠回りの迂回路をまわってキャンプ場へ行かれたとのこと。
私の箱にも入っていたそうで、、嬉しいのですが、、、
まあ、なんとも7月までできないので、、、微妙ですね^^;
今年はおとなしくしておくしかなさそうです。

家の分蜂は第1陣を逃しました。
そしていつまでたっても2陣が分蜂する気配がありません。

うー。今年はもしかしたらこれで終わりかもしれませんね。


最後に。高千穂峡ですが、きれいでした。
IMGP9926.JPG


IMGP9934.jpg


IMGP9940.JPG


IMGP0058.JPG



天戸岩観音で石を積んだのが一番面白かったかも。
IMGP0036.JPG


IMGP0044.JPG


IMGP0046.JPG


瞬間接着剤は使っていません^^
posted by タツ at 02:35| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

屋久島3

3日目も雨。 


朝から頭に多少の張りを感じつつも、この張りは、コーヒーの飲みすぎによるむくみで、お岩さんのようになっていないことがわかり安心しました。

顔面を腫らして帰ったら妻になんと言われるか。。

昨夜は雨も降っておらず、天気予報では曇りもしくは晴れとなっていたのに、まさかの雨。
IMGP9688.JPG

もしかしたら朝から分蜂するかもね。なんて話をしていた矢先でしたので、ちょっとがっかり。

するとSさんがぽつり。

ゴールデンウィークの屋久島と掛けまして、タツくんの頭と解く。 

そのこころは?





うん?分からない。。





晴れると思ったけど腫れなかった。







私の心が晴れました(笑)



IMGP9724.JPG



楽しい時間はあっという間。
玄関横の屋久島らしいゴーラに見送られフェリー屋久島2へ。
IMGP9681.JPG


見送りまでしていただき、名残惜しくも鹿児島へ。
IMGP9742.JPG


行きとは違い、4時間ほどで到着しました。

鹿児島に着いたとき、ちょうど桜島が噴火しており、大地のパワーをまざまざと見せ付けられました。
そして、この後のんきに雨にうたれたおかげで火山灰だらけになりました。。。

IMGP9758.JPG


IMGP9761.JPG


IMGP9766.JPG

とんでもない量です。。。

すこし時間に余裕があったので、白熊を食べて帰りました。
やっぱり鹿児島といえば、白熊かな。
IMGP9780.JPG


緑のじゅうたんも市電に敷いてあり、屋久島の大自然を感じたあとでは、なんとちっぽけな自然にこだわるんだろうと可笑しくなりました。
IMGP9787.JPG


そして、車の音、音楽、放送、都市にはこんなに音があふれていたなんて。。
コンクリートの森に住むヒトの生活に突然戻されると、あぁ。屋久島、本当に良かったな。つくづくそう思いました。

帰りがけに山下さんからもらった「森の中のちいさなテント」
帰ってからまた目を通し、しみじみと文章をかみ締めました。
木、水、森、山、そして地球。
都会で生活していると、生活がそういった物の中にあることを忘れて、もっともらしい「自然」を取り入れる。
でも、屋久島で大きな自然を見てしまうと、都会の自然なんて、不自然に見えてしまう。
ミツバチを通じて都会で本当の自然に気がつくヒトが増えればいいなと思いました。


posted by タツ at 03:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

いざ!屋久島!

夜行のフェリーハイビスカスに乗って屋久島を目指しています。
あいにくの小雨ですが、元々雨が多いのでレインコートは完備しているので問題はない。

image-20110504005258.png

ハイビスカスは18時出港、種子島経由、翌朝7時に屋久島に到着します。

ゴールデンウィークなので混雑が心配でしたがたいした混雑ではありません。
こんな13時間もかけて屋久島へ行く人はあんまりいないでしょうね(笑)
私は仮宿として使えて3200円。しかも翌朝早朝から動けるので魅力的だと思いましたが。。

なかには荷物置き場で寝ている人も。

image-20110504005554.png

慣れてるなぁ。。
posted by タツ at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。