2011年05月07日

屋久島3

3日目も雨。 


朝から頭に多少の張りを感じつつも、この張りは、コーヒーの飲みすぎによるむくみで、お岩さんのようになっていないことがわかり安心しました。

顔面を腫らして帰ったら妻になんと言われるか。。

昨夜は雨も降っておらず、天気予報では曇りもしくは晴れとなっていたのに、まさかの雨。
IMGP9688.JPG

もしかしたら朝から分蜂するかもね。なんて話をしていた矢先でしたので、ちょっとがっかり。

するとSさんがぽつり。

ゴールデンウィークの屋久島と掛けまして、タツくんの頭と解く。 

そのこころは?





うん?分からない。。





晴れると思ったけど腫れなかった。







私の心が晴れました(笑)



IMGP9724.JPG



楽しい時間はあっという間。
玄関横の屋久島らしいゴーラに見送られフェリー屋久島2へ。
IMGP9681.JPG


見送りまでしていただき、名残惜しくも鹿児島へ。
IMGP9742.JPG


行きとは違い、4時間ほどで到着しました。

鹿児島に着いたとき、ちょうど桜島が噴火しており、大地のパワーをまざまざと見せ付けられました。
そして、この後のんきに雨にうたれたおかげで火山灰だらけになりました。。。

IMGP9758.JPG


IMGP9761.JPG


IMGP9766.JPG

とんでもない量です。。。

すこし時間に余裕があったので、白熊を食べて帰りました。
やっぱり鹿児島といえば、白熊かな。
IMGP9780.JPG


緑のじゅうたんも市電に敷いてあり、屋久島の大自然を感じたあとでは、なんとちっぽけな自然にこだわるんだろうと可笑しくなりました。
IMGP9787.JPG


そして、車の音、音楽、放送、都市にはこんなに音があふれていたなんて。。
コンクリートの森に住むヒトの生活に突然戻されると、あぁ。屋久島、本当に良かったな。つくづくそう思いました。

帰りがけに山下さんからもらった「森の中のちいさなテント」
帰ってからまた目を通し、しみじみと文章をかみ締めました。
木、水、森、山、そして地球。
都会で生活していると、生活がそういった物の中にあることを忘れて、もっともらしい「自然」を取り入れる。
でも、屋久島で大きな自然を見てしまうと、都会の自然なんて、不自然に見えてしまう。
ミツバチを通じて都会で本当の自然に気がつくヒトが増えればいいなと思いました。


posted by タツ at 03:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
嫁さんが仕事だとは言え、
ほったらかして、屋久島とはなんと贅沢な!

しかし、楽しかったでしょうね。
ああー私も行きたい!!
Posted by 奈良すずめ at 2011年05月07日 04:42
えへへ。
一人旅って、最高の贅沢ですよね(笑
屋久島いいところでしたよ〜。

屋久島に生息するヒトはあたたかく、おもしろく、勉強になりました!

ぜひ!

ぜひぜひ!
Posted by タツ at 2011年05月08日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。