2010年11月28日

蜂蜜の味と糖度について思うこと。

今年も採蜜が終わりですね。

みなさんも採蜜を終えてニコニコ、もしくはご不満顔のことでしょうね^^

私は今年、2郡5Lほど採蜜することが出来ました。蜜蜂たちに感謝です。
自家製の蜜は華やかな香りで、まるでたくさんの花々に包まれるような感覚になります。
自家用で2L程残して、あとはいつもお世話になってる人に配って、いろいろ感想などを聞いているところです。

採蜜後の蜜の精製方法はいろいろありますが、皆さんはどうされていますか?
守るべきポイントは、78度以上の糖度を維持する。ということだと思います。
これは、蜂蜜の発酵を防ぐ意味でも大切なことだと思います。
なぜなら、ミツバチ達が集めてきた花の蜜は糖度が低く、一定ではありません。
ミツバチ達は糖度が低い蜜を巣の中で蒸発させ、徐々に糖度を上げていき、78度に達した頃、それ以上乾燥しないよう、巣に蓋をします。

ひとつ試しに、瓶の蓋にシリカゲル(食品用乾燥剤)を貼り付け、糖度を上げてみました。
しかし、糖度が高すぎる蜂蜜は流動性がわるく、舌触りがあまり良くありません。
逆に、糖度の低いさらさらとした蜂蜜は、味は蜂蜜ですが、粘度が足りず蜂蜜とは言えません。
また、春先にアルコール感が残ります。
つまり、蜜蜂達が巣に溜めた蜂蜜に蓋をした状態が、保存と品質に一番すぐれている状態といえます。

ですので、巣に蓋をしていない部分は切り取って、混ぜないことが肝心です。
写真.JPG



蜂蜜の収量は少なくなってしまいますが品質が悪くなってしまうことは避けなければいけませんよね^^

粘度が足りない蜂蜜をシリカゲル等で過熱しないように水分を蒸発させる方法もありますが、蜂蜜のちょうどいい糖度はミツバチのみ知る。という気がします。
西洋蜜蜂とニホンミツバチは糖度が違うことが知られていますが、同じ花から集めてきたときに、ミツバチの性格の違いで糖度や味の違いが出ていると思います。
ですので、人間が人工的に糖度を変更するのはちょっと私には受け入れがたいですね。

基本は、糖度が低いところは切り取って混ぜない。
花粉も混ぜない。
それだけです。

糖度が低い部分は、翌春まで持ち越すと発酵してミードのいい材料になりますよ!

蜂蜜の垂らし方などはこちらをごらんください!
巣からハチミツが採れるまで
posted by タツ at 14:24| Comment(0) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。