2010年10月27日

天敵。

ミツバチの天敵といえば世界最大のスズメバチ、オオスズメバチ


顔からして凶悪きわまりないこの蜂。
秋には大量の女王蜂を生み出し、その育成のためにかわいいミツバチ達をさらっていきます。

可愛い子のためならバトミントンのラケットを握らなければいけないのが養蜂の厳しい世界。


しかし、そんな蜂たちを捕まえる猛者達もいらっしゃいます。
DSC02659.JPG

鹿児島の蜂王取隊の面々です。


凶暴なスズメバチ達を捕獲し食べてしまう蜜蜂たちにとって正義の味方です。


来年のオフ会は蜂王取隊のお膝元で開催されるとのこと。今から楽しみです。

今年は春の長雨でスズメバチの育成が遅れたため今がピークのようです。
山に遊びに行く方は気をつけてくださいね。

スズメバチは女王蜂しか越冬できません。
なぜならば、スズメバチは虫を捕獲し、幼虫に肉団子として食べさせ、幼虫が消化して成虫に蜜として還元するというサイクルを取っているため、幼虫がいなくなれば餌をつくれなくなり、蜜を貯蓄することも出来ないためです。(幼虫は甘くておいしい^^)
つまり、成虫を支える幼虫がいなければ群れは消滅してしまうのです。
ですので、越冬は一つの群れから何百という女王蜂が飛び立ち、彼女たちが単独で越冬します。
途中で捕食されたり寄生虫にやられたりと無事に春まで生きることができるのは一握りのようです。

春を生き、巣を作り、必死で群れを作る。


それを食べる。


そう考えるとかわいそうですがコレも食物連鎖の一環ですね。



ちなみにオオスズメバチは「Vespa mandarinia japonica」と言います。

スズメバチ=Vespa



私の移動手段は・・・

FH000024.JPG




ベスパ!!



天敵のベスパに乗ってミツバチの見回りに行くなんて、シュールですね。。

posted by タツ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。