2010年08月05日

アーバンビーキーピング?

新しい言葉を知りました。
アーバンビーキーピング!

2010年3月、アメリカのニューヨーク市で養ほうが解禁され、ミツバチを飼う市民が急増。都市での養ほうは「アーバン・ビーキーピング」と呼ばれ、ひそかなブームとなっているそう。

日本でもこんな試みが広がれば街に花が増え住みやすい街になるんじゃないかなぁ。
日本はアメリカより住宅事情が悪いのでなんとも言えませんが。

ただ、ヨーロッパではかなり一般的になってきていて、プラスティック製の養蜂に使う箱や、電話ボックスのような蜂の大きな巣箱など、面白い試みがたくさんなされています。
日本は多湿のため、やはり木製がいいと思うのですが、こんな巣箱が街中にたくさん置いてあったらすてきですよね^^
イギリス オムレット社
ビーハウス(beehaus
posted by タツ at 21:00| Comment(0) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。