2010年07月31日

巣箱のしくみ

重箱式飼育法は日本蜜蜂の生態に一番自然な飼い方です。

SANY0565.JPG


ミツバチの巣箱の使い方
・ミツバチは箱の上に蜜を貯めます。
・中間は花粉です。
・下へ下へと巣を伸ばし、下の方で育児をします。

 幼虫が育つ過程で繭を作り、羽化することによって巣が強化されます。
そこに花粉を貯め、最終的に蜜を貯めます。

 巣は、天板とくっついているため、一番重い蜜が上にある方が巣が揺れたときに力がかからないのも理由かもしれません。

重箱式飼育方法は、底のない重箱のようなものを作り、それを重ねてひとつの箱とします。
img101.jpg


採蜜をする時は、上だけ切り取ります。
つまり!蜜の部分のみ切り取ることができます。
また、冬は冬眠モードに入るため育児層を噛みちぎりますが、採蜜の時に巣を小さくしてやればその労力も省力できますね!
posted by タツ at 01:56| Comment(0) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。