2010年08月03日

九州のオフ会を考えてます。

今年もニホンミツバチのオフ会を考えています。

日取りは9月18日(土)〜19日(日)
場所は緑仙峡 清流館を予定しています。

山奥で移動は大変ですが、自然を体験出来るいい場所です。
もともと学校だった場所ですので宿泊は相部屋ですが、家族で来られる場合とかすぐ近くにキャンプ場のバンガローがありますので、そちらで泊まってもいいかなぁ。と思いました。
また、詳細は報告しますが、先に予定だけ、ご連絡しておきます。
http://www.town.kumamoto-yamato.lg.jp/ka/syokokankoka/kanko/syukuhakusisetu/seiryukan1.jsp

posted by タツ at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハニーディスペンサー

ハチミツっていざ必要なとき。垂れたりして使うのがめんどくさいですよね。
ずーっと私もめんどくさいなぁ〜っと思ってたんですが、結婚式の引出物でもらったハニーディスペンサーがすごく使いやすいので紹介します。
DSC02500.JPG


左側のハニーディスペンサーです!
上から蜜を入れてハンドルを握ると下から出てくるようになっています。
固まりにくいですし、量も自由自在に操れるため非常に便利。

テーブルに置いているとついついハチミツを使ってしまいます。

でも、ハチミツは太りにくいですし、健康にもいいですから気にしてません^^

今、瓶からスプーン等で使っている人には超おすすめです。



アマゾンに売ってました。これ↓

このブログはアマゾン会員だとアマゾン広告から簡単に画像と値段を引っ張ってこれるので広告ペタペタしてますがこの商品は結婚式の引出物のカタログに入ってたりするので探してみてください。



ちなみにハチミツの危ない話は養蜂してない人たちに蜂蜜について説明するときためになりますよ^^
そして熊本市の図書館にありますw

posted by タツ at 04:15| Comment(0) | 道具とか便利なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

ニホンミツバチの飼い方について思うこと。

 
SANY0565.JPG


ニホンミツバチは西洋ミツバチの様な巣枠でも飼育できますが、やっぱり重箱で飼う方がニホンミツバチの飼育に適している気がします。

img(15).jpg


 左から  洋箱     角胴     AY巣箱     丸胴 
※いろんな巣箱。ネットから拾ってきました。

重箱で飼っている理由
・巣枠式の巣箱は重箱式に比べて蜜の量を確保できるらしいのですが、巣枠式巣箱を一つ管理する手間で重箱式巣箱2群以上の手間がかかること。

・プロポリスの入っていない巣は柔らかくもろいため頻繁な出し入れに向いていないこと

・ニホンミツバチの蜂蜜は垂らし蜜で花粉や雑味が混じることも味の特徴となっていること。

・すむしは天板付近の蜂の手入れが届きにくいところに繁殖しがちですが、重箱は上から順番に巣を更新することができ、冬の巣を囓って小さくする手間もなくなること。構造が単純なため、巣枠の隙間などに巣虫が繁殖しずらいこと。

などです。
上記の理由により、とりあえず重箱式で飼うようにしています。
現在、仕事、生活、他の趣味など、ミツバチ以外に追われる事もあるため、ちょっとしたことで、突然ミツバチに構うことが出来なくなることもあります。
ある意味、忙しい現代人には重箱式がぴったりだと思います。

ただ、巣の観察や西洋ミツバチのような計画的な管理をする上では巣枠式のAY式巣箱や洋箱が優れている点もあり、落ち着いてミツバチの観察が出来るようになれば洋箱やAY式巣箱を何群か飼ってみたいと思っています。
重たい丸胴は今のところ問題外です。

20代の間は重箱。30代以降、ミツバチの飼育場所などが落ち着いてきてから洋箱:AY式。という感じでしょうか?



巣枠式についてはこの本がよさそうですね。
今度買ってみますw


posted by タツ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。