2010年08月30日

ミツバチの病気について

最近の話題といえば「ミツバチが消えたのか?」

ということ。


結論からすると、マスコミが煽るよりかは減っていない。ということですね。


米国でいわゆる蜂群崩壊性症候群(CCD)がはやり、突然ミツバチが消えたとのニュースがマスコミを騒がし、そのあとにオーストラリアでノゼマ病が発生し、女王蜂の輸入ができなくなった。

そう、マスコミがいっているのは日本のことではなく、世界規模で見たときにミツバチに病気が発生している。ということ。

じゃあ、なぜミツバチの輸入ができないと日本で大変なことになるかというと、春先の園芸施設で、授粉にミツバチを利用するには、あらかじめ働きバチを増やしておく必要があり、その核となる女王蜂は日本とは季節が反対のオーストラリアや暖かいハワイから女王バチを輸入し、国内で働きバチを増やす。そうやって増やした働き蜂を受粉に使うというのが今までのサイクル。

でも、女王蜂を輸入できないとそのサイクルが崩壊してしまう。

ミツバチの輸入は、伝染病防疫の観点から、法律で輸入が規制されている。
具体的にあげると、輸入国はオーストラリア、イタリア、ロシア、ニュージーランド、スロベニア、米国・ハワイ州、チリの6カ国と1つの州から輸入できることになっているけども、ほとんどがオーストラリア産。

生産国で伝染病が発生すると輸入が禁止されるので、今回みたいにオーストラリアで伝染病が発生すると、受粉用の蜂が足りなくなり日本の農業に深刻な影響がでる。

農家はマスコミへの影響力も強いので、ミツバチが足りない!というニュースが繰り返し流された。

でも、ひとつ言いたい!!ほとんどの農家は蜂を使い捨てにする。

一番忙しい農繁期に蜂にかまってられない。ってのもあるし、イチゴなどの蜜と花粉が少ない植物に代替花粉と、砂糖水をあげるだけで消耗させきるなど、飼育方法に問題がある。
足りない足りないと言いながら、今までは道具のように使い捨てにしてきた過去がある。
今後は、今回のこともあったので蜂を大切にする農家も増えるんじゃなかろうか。。。

つまり、はちみつを採取する蜂を飼う養蜂家からすれば、農家へ売る蜂は死に行く運命で、純粋に蜂蜜を採っているだけの人からすれば、ここ2〜3年に急激に蜂が死んだか?といわれれば、そんなことはないんじゃない?ってことになる。


ということで今回の結論は、蜂はそんなに急激には減っていない。ということ。。


でもこれで話は終わりません!!


次回は、輸入問題以外に日本ミツバチ業界で激論となっているネオニコチノイド系農薬について触れたい。

先に関連本を紹介。

ネオニコチノイド系農薬を話す時に避けては通れない問題提起本
船瀬 俊介著
「悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」


ネオニコチノイド系農薬がミツバチに与える危険性を説いた最初の書。
それだけに反論、肯定も多く、ミツバチを飼育する人は一度は読んでもらいたいけども、すべて信じてはいけない。という書。



問題を広く抑えている本としてはこちらがお勧めかもしれない。
越中 矢住子著
ミツバチはホントに消えたか?




次回は、熊本で起きている蜂子だしも含めて触れてみたいと思います。
結論は出てないんですけども。
上の本は諸説ありますけども、読んでおいて損はないと思います!
posted by タツ at 01:40| Comment(0) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

はちみつと精製はちみつと加糖はちみつ

純粋はちみつとはちみつと精製はちみつと加糖はちみつ

さて、こう言われてピンとくる人はいつも食品表示をきちんと見て、あれ?っと思ってる人だと思います。

商品名が「はちみつ」と書いてあっても実は本物の蜂蜜と偽物の蜂蜜が世の中には存在します。


image-20100824195417.png
・純粋はちみつ
 混ぜ物をしていない純粋な蜂蜜

・はちみつ
 みつばちが植物の花みつを採集し、巣房に貯え熟成した天然の甘味物質であって、別表に定める性状を有し、下に定める組成基準に適合したもの
 「はちみつ」には、精製はちみつ又はローヤルゼリー、花粉、香料、果汁若しくはビタミンを加えたものを含む

 ※はちみつ類の表示に関する公正競争規約から
 (はちみつの組成基準)
   水分(於温度20度)20%以下
   ただし、第4条第1項第2号に規定する国産はちみつにあっては23%以下とする


   果糖及びぶどう糖含有量(両者の合計)
   60 /100 以上
   しょ糖5 /100 以下
   電気伝導度0.8mS/p以下
   H. M. F. 5.9r/100 以下
   遊離酸度100 につき1Nアルカリ5ml 以下
   でん粉デキストリン陰性反応

・精製はちみつ
 はちみつから臭い、色等を取り除いたものであって、上記に定める組成基準に適合したもの
 2002年10月、公正取引委員会は全国はちみつ公正取引協議会からの申請により「はちみつ類の表示に関する公正競争規約」を変更し、従来「脱臭・脱色はちみつ」と呼んでいたものを「はちみつから臭い、色等を取り除いたものを『精製はちみつ』とする」と新たに定義づけた。

・加糖はちみつ
はちみつに異性化液糖その他の糖類を加えたものであって、はちみつの含有量が重量百分比で60パーセント以上のもの
なお、国際基準では加糖を一切認めていないといわれる。


正直、加糖はちみつは論外だと思います。
蜂蜜に水飴などを加えて蜂蜜だと言い張っているようです。
スーパーなどで販売されるやすーい蜂蜜は蜂蜜シロップだと思って買った方がいいでしょうね。。
本物を食べてしまうと偽物は食べれなくなること請負です。

食品表示として、養蜂をしている人は注意してもらいたいのですが水分が24%以上ある場合は蜂蜜として認められません。
発酵の原因にもなりますので蓋がけしてないところは混ざらないようにするなど、糖度が77%以上維持できるようにしましょう!
また、西洋ミツバチの場合、冬越し用に砂糖水を与えることが多いです。
それを春にクリーニングで採蜜しない悪質な業者もいます。
私はそもそも、一度でも蜂に砂糖水をあげるのはNGだと思っています。
それは、採蜜した蜂蜜が100%ミツバチが集めてきたと自信を持って言いたいからです。


※西洋ミツバチの悪質な業者についてはすべてではありません。
 平成20年に実施した調査では304件中18業者に疑いありとのことでした。
 http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/kansa/080220_1.html
 これを多いと見るか少ないとみるか。。。
 







posted by タツ at 19:36| Comment(2) | 養蜂あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

九州ニホンミツバチ会オフ会のお知らせ

毎年恒例となっている九州ニホンミツバチ会のオフ会ですが、今年は熊本で開催することになりました!
場所は私の師匠でもあるBUNBUNさんの蜂場です。

参加を希望される方は私までご連絡ください!

DSC02516.JPG


【日時】 平成22年9月18日(土)〜19日(日)

【場所】 熊本県山都町 緑仙峡『清流館』
      (熊本県上益城郡山都町緑川1074)

【日程】
/9月18日
   10:00 通潤橋駐車場集合
        (熊本県上益城郡矢部町下市182−2)   
   11:00 清流館到着予定
        蜂場へ移動し見学
   13:00 昼食
   
   昼食後、みなさんの工夫したもの、発明品、 情報などを交換する交流会を考えています。どんな物が飛び出すか、楽しみです。

   18:00頃 夕飯(懇親会)
  
 
/9月19日
  10:00 チェックアウト
   
     時間に余裕のある方は近隣の観光をしませんか?参加できるメンバーを見ながら予定を作っておきます。


 ◎ 参加費 8,000円 程度


隣には清流がながれ、非常に気持ちの良い場所です。お問い合わせはおきがるにどーぞ!
DSC02528.JPG
posted by タツ at 14:10| Comment(0) | オフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。